ダイハツトールの値引き相場はいくら?

ダイハツから新しく誕生したコンパクトカーのトール。購入の際に知っておきたいのがトールの値引き金額。全国から集められた情報によるトールの値引きの相場は約10万円。(の情報)

 

値引きの目標としては、車両本体+付属品やサービスの値引きで15万円を目標にしたいです。20万円の値引きがでれば上出来としましょう。
値引き交渉の際には、ソリオ、デリカD2の競合に加えて、タンク、ルーミー、ジャスティなどトヨタ、スバルの販売店での競合もうまく活用しましょう。

 

ここから値引き金額を最大限にしてもらう交渉術と値引きに代わるお得な購入方法を紹介します。

 

ダイハツトール値引き金額口コミ情報

2016年モデル

  • トール カスタム G SA II:車両本体値引き 10万円 オプション値引き 20万円 兵庫県 2017年4月購入
  • トール カスタム G ターボ SA II:車両本体値引き 15万円 オプション値引き 15万円 山口県 2017年4月購入
  • トール カスタム G ターボ SA II:車両本体値引き 10万円 オプション値引き 10万円 山形県 2017年3月購入
  • トール カスタム G ターボ SA II:車両本体値引き 10万円 オプション値引き 15万円 秋田県 2017年1月購入
  • トール カスタム G ターボ SA II:車両本体値引き 25万円 オプション値引き 0円 兵庫県 2016年11月購入

 

 

値引き交渉の際の情報源にトヨタタンクの値引き情報トヨタルーミーの値引き情報も参考にしてもいいでしょう。

ダイハツトールの値引きのポイント!!同ディーラーでも違う販売店の見積もりを

トール,値引き,相場,目標

新車を購入する時は、希望のかなう車種を絞り込んだ上で競合する他のディーラーへ行って、見積もりを取って比較検討するとよいと言うのは誰でも知っている事です。
どの車でも、同じようなサイズで同じような用途やデザインの車があるので、比べている事を伝えると新車値引きの交渉は有利に進める事ができます。

 

ただ、どの車を買うかを他のディーラーと比較検討して決めた後、もう一度、同じディーラーでも違う販売店で見積もりを取って比較検討することで、さらにお得に購入することが可能になります。
同じディーラーで同じ車を買うのであれば、新車値引きの金額は変わらないと思いがちですが、売り上げのまとめは販売店ごとに行うので、販売店同士もライバルなのです。

 

特に、どの車のどのグレードを購入するとはっきり決まっているお客さんは絶対に逃したくないお客さんです。よその販売店に取られるくらいなら、多少値引きをしてでも自分の販売店で購入してもらおうとしてきます。
見積もりはなるべく紙でもらうようにして、他店ではこのくらいだけど、こちらの店ではどのくらいになるか、と聞いて見ると金額の変動はない場合でもオプションを付けてくれるなどのサービスの提示はあるものです。

新車値引きは決まっているようで決まった金額というものはありません。購入時期や、販売員のポジション、販売店の売上などさまざまな物が絡んできます。

 

同じ車を購入するのであれば、安く買えた方がよいに決まっています。販売店によっては自宅への営業もあったり、見積もりをもらうまでは時間もかかるなど面倒もありますが、新車を買うと言うのは人生でそう何度も経験する事ではありません。

周囲に車に詳しい人がいたら、一緒に販売店に行ってもらって、なるべく交渉を有利に進める事が大切です。他の車種に取られないように、他店に取られないように、どの販売店も必死です。
上手に比較検討して、信頼できる販売店でお得に新車を購入しましょう。

ダイハツトール値引きのポイント!!現車の査定価格を高くしよう

トールを購入する際にぜひ頑張りたいのがどのくらいトールの値引きを獲得できるか、というところです。
新しい車種や、モデルチェンジのすぐ後などは、なかなか値引きも渋くなるものですが、新車購入と同時に今乗っている車を買取してもらうと、車の査定価格を引き上げてもらうことで、実質的に値引きを大きくしてもらう事ができます。
しかし、今乗っている車の査定価格は、販売店ではあまり高くは出ないのが通常です。
違うディーラーの車種だとなおさらですが、同じディーラーの車種であってもそうそう良い金額は出てきません。

 

そんな時に交渉に役立つのが、他の販売店での査定価格の見積もりを提示したり、中古車買い取り業者での見積もり額を報告する事です。
他店で購入した方が、今の車を高く買い取って新車値引きをしてくれるとか、新車購入と現在乗っている車の売却を別で行った方が、これだけ得をするといった情報は、新車値引きの金額を引き上げるとても有利な交渉カードになります。
販売員の方も、実際にそういった見積もりがあるお客さんであれば、上司に値引きの幅を増やすよう要求しやすくなります。この車はこの程度までしか値引けない、と内部である程度決まりがあっても車の買取価格は融通が利くものです。

 

実際の新車値引き金額の変動が難しくても、オプションを付けて実質値引きを増やすのと同じように、今のっている車の査定価格を増やすことで値引きを増やすのは、多くの販売員がしているサービスです。
新車の価格は決まっているようですが、お客さんや販売員、販売店によって大きな差が出てきます。最初に言われた見積もり価格で購入するのは、とてももったいない事です。

 

比較検討している事をにおわせたり、他店の見積もりを持っているだけでも値引きの金額はぐんと上がります。販売員がどのようなポイントで他店と差を付けてくるかを知っていれば、交渉の際にどのような要求をすれば通るか分かりやすくなり、有利に進める事ができます。

 

販売店の査定は購入の見積もりの際にできますが、中古車買取業者の査定となるとそうはいきません。わざわざ中古車買取業者を探して今の車の査定をしてもらうのが普通ですが次のようなサービスを利用することで簡単に査定をしてもらうことができます。

それがネットで申し込む一括査定サービス。車種や年式などの情報を入力すれば査定相場がわかったり、実際にいくらで買取できるのか業者の方から家まで査定をしに来てくれます。自分から買取業者へ車を持っていく必要がないし利用も無料なので多くの方が利用しているサービスになります。

 

利用した方の多くはディーラーよりも買取査定金額が高くなったと喜んでいるサービスで、複数の買取業者が査定に来ればそれだけ競合できて買取金額が上がることもあるそうです。
このような一括査定サービスを利用し、現車の査定価格を上げることで値引きの代わりに利用しましょう。おすすめの一括査定サービスを紹介します。

どのサービスも無料ですのでうまく活用したいサービスです。

ダイハツトールの特徴や機能について

トール,値引き,相場,目標

ダイハツトールはダイハツ工業が開発、販売しているトールワゴン型の自動車です。ダイハツトールの特徴は高剛性ボディやDサスペンションを搭載されていて、小型自動車なのに広々とした室内があります。

 

ダイハツトールのグレードはG"SA U"とカスタムGターボ"SA U"の2種類があります。G"SA U"は燃費が24.6km/L(2WD)と、とても低燃費です。駆動方式はFFと4WDがあり、4WDだと少し燃費が落ちますが、雪道など滑る路面でもくいつき性能がとても良いです。カスタムGターボ"SA U"は1.5Lエンジンに相当する最大トルクを発揮するダウンサイジングターボを搭載しており、とてもパワフルなので登板時などで良いです。またアクセル操作に対して優れたレスポンスを発揮できるようになるスポーツモードがあり、ドライブを楽しむことができます。

 

トール,値引き,相場,目標

出力は最大98ps/14.3kgあります。燃費も21.8km/L(2WD)とターボを搭載しての燃費ならかなり低燃費です。駆動方式はFFのみです。
ダイハツトールにはスマートアシストUがついており、安全性能もとても良いです。

 

スマートアシストUは衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能などの対車両や対歩行者への衝突回避のための機能だけではなく、車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能などの安全かつ便利な機能もついており、安全装備も充実しています。またABSも搭載しているので急ブレーキを踏んでもロックすることなく止まることができます。

 

ダイハツトールの外装デザインは2つのグレードでフロントのデザインが大きく異なっています。G"SA U"のフロントのデザインはワイドで存在感があるデザインになっています。カスタムGターボ"SA U"のフロントのデザインは、品格や艶やかさのあるデザインになっています。ダイハツトールはとても広い室内があり、パワフルで燃費も良く、安全装備も充実しているのでファミリーカーにとても向いています。

ダイハツトールのグレードの違いとおすすめグレード

家族でゆったりと乗れる車をお探しの方には、ダイハツトールをおすすめします。ダイハツと言えば数々の人気車種を持つ自動車メーカーですが、ダイハツトールはコンパクトサイズでありながら広々とした室内を実現している家族サイズの車種になっています。もちろん収納力は抜群ですからアウトドア好きなご家族にも最適です。

 

ダイハツトールにはカスタムグレードと標準グレードが用意されており、どのグレードタイプにも充実した共通装備が備わっています。装備にこだわりたいという方は、標準グレードに比べて価格が高いカスタムグレードを選ぶといいでしょう。ダイハツトールのカスタムグレードにはカスタムG"SAU"とカスタムG、カスタムGターボ"SAU"の三種類が揃っています。このうち最もおすすめのタイプはカスタムGターボ"SAU"で、駆動方式が2WDでトランスミッションはCVTとなっています。ターボと付くだけあって軽快な走りが実現しているので、走行時にストレスを感じたくないという方には特におすすめです。
このグレードの主な装備は15インチのアルミホイールやカスタム専用LEDヘッドランプ、革巻スポークステアリングホイール、カスタム専用メッキフロントグリルやカスタム専用カラードアバンパー、自発光2眼メーター、シート表皮などです。

 

トール,値引き,相場,目標

 

外観はオシャレで高級感があり、ボディカラーが全部で14種類と豊富です。男性にも女性にも似合うカラーが揃っているので、ボディカラー選びも楽しめるでしょう。アルミホイールは初めから装備されているので自分で装着する必要がありません。前面はメッキのフロントグリルが特徴的で高級感を演出しています。
室内はブラックを基調とした落ち着いた雰囲気になっており、ゆったりと座れるワイドな空間が広がっています。タコメーターが付いているので走りそのものを楽しみたい方にもピッタリです。走行燃費は21.8キロを実現しており燃費の良さが実感できます。

ダイハツトールとスズキソリオを比較してみました

トール,値引き,相場,目標

ダイハツトールが発売され、開発中の噂どおりコンパクトなファミリーカーとなった仕様で話題となっていますが、スズキのソリオにも似た車種として性能の良さなどがどう違うのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで比較をしてどういう違いがあるのかを確かめてみます。

 

ダイハツトールは、トールとトールカスタムの2種類があり、トールはトールワゴンのCOOの後継車としてトヨタとの共同開発で生産されたトヨタのbBの後継車としてのトールでもあります。トヨタによる完全子会社としてのダイハツのトールの特徴は、デザインがワイドな存在感あるものとなっていて、全長×全幅×全高:3700×1670×1735mmのサイズが機能性を重視した追及と室内の広い空間となっています。カラーバリエーションも豊富な14種類の中から選べるようになっていて、燃費は22.0〜24.8km/Lとなっており、ターボ搭載モデルでは、1.0L の直列3気筒ターボエンジンとなった魅力があり、燃費、パワーともに充実しています。

 

これに対してスズキソリオは、トールワゴン特有のデザインとなって広いスペースが活かされた空間は、ファミリー向けとしても十分納得いく良さとなっています。

 

ハイブリッドモデルでは、燃費が27.8km/Lとなってダイハツトールを上回っていますが、ガソリン車での比較では、2WDや4WDの違いもありますが、スズキソリオの方も24.8km/Lとなっており、同じ燃費の結果が出ています。よって燃費としては同程度となります。
価格においては、ガソリン車の比較として、ダイハツトールの2WDが、1,528,200円でスズキソリオの2WDが1,454,760円、4WDでは、ダイハツトールが、1,701,000円で、スズキソリオが、1,581,120円の価格となってはいますが、安全装備付きの違いやグレード構成の違いもあるので、後は個人的な判断となるでしょう。

トールはいくらで買える?総額は・・・

トールを購入する際は、車両本体以外に様々な諸費用が掛かってきます。

 

最終の購入金額は、これらの諸費用も含めた金額ですよね。そこで値引きは関係なしでいくらでトールが買えるのか見積もりをしてみました。

 

利用したのが、ダイハツのホームページにあるオンライン見積もり。これを利用すると値引き0円での総額がわかります。

 

では早速、公式ホームページへアクセスして車両を選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

希望のグレードを選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

希望のボディーカラーを選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

トール,値引き,相場,目標

 

外観のオプションを選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

今回はLEDフォグランプをチョイス。オプションの項目は、メーカーオプション、ディーラーオプションといくつか選べます。

 

トール,値引き,相場,目標

 

内装のオプションを選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

ナビ・オーディオのオプションを選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

その他オプションを選択

 

トール,値引き,相場,目標

 

右下の確認ボタンをポチ

 

トール,値引き,相場,目標

 

詳細の内訳が出てきます。

 

トール,値引き,相場,目標

 

この金額が、私がLEDフォグだけをオプション装備に選択した場合のトールの購入金額になります。ここからいくら値引きしてもらえるのかってことです。

 

予算が200万円なら、希望のグレード、オプションを選択してトータル金額をあらかじめ200万円オーバーの見積もりとかに出して、値引き交渉で200万円になるように頑張ってもらうのも良いですね。

 

見積もりIDを控えておいてディーラーへ行くとスムーズに交渉できるようなので利用しても良いサービスかなと思います。

 

ダイハツのオンライン見積もりはこちら

 

 

今の車は果たしていくら??無料査定サービス